印刷する 印刷する

愛知県 刈谷市 逢妻川 ウナギ釣り

7月6日、数年ぶりに、ウナギ釣りを再開してみようと思い立った。理由は、免許の習得や家庭の事情が一区切りついたからだ。道具は、結婚して引っ越すときに、釣り友のKさんにあげてしまったので買いなおすことにする。買うならと決めていたタックルを、一通り買い揃えました。なんだか、ドラクエで剣・鎧・盾を買う駆け出しの勇者の様に・・・。私のウナギ釣りは2流河川の河口域なので、投げて飛ばす必要が有りません。せいぜい20m程なので、釣り具の天狗堂で1000円の竿を6本と1200円のリールを6個買いました。小学生の子供が買うようなタックルです。あと、錘と針です。しめて1.4万円程です。かなり安い竿だけど、性能的にはこれで十分です。そんなことより、竿は有れば有るほど、ウナギが釣れる確率は高くなると考えて良いと思います。できれば10本位欲しいところですが、さすがに管理しきれませんよ(笑)

19時までに、釣り場に向かおうと餌を買いに行きます。エサは毎度のアオイソメ(中)です。アオイソメだと外道が掛かるけど、エサを仕入れる時間が無いときは仕方ないですね。19時だとまだ明るいです。場所は、愛知県刈谷市内の逢妻川です。自分は、貧相なタックルを使っているので、重い錘は投げれません。錘負荷20号の竿なんです。なので15号の錘をチョイス。しかし15号だと、激しい潮流では、錘が流されてしまいます。なので、中・大潮の上げ潮しか狙いません。下げた潮から、上がってきて日没を迎えて、21~23時ぐらいに満潮なのが、釣りやすいですね。

6本の竿のセットは大変です。しかも私の場合、仕掛けが手作りなので、手間取るのですが、仕掛け自体はかなり簡略していますので15分も有れば6本投げ終わります。さあ、ここからが大変です。釣れるときは一気にアタリがでるんです。やはりこの日も、急にアタリが出だして、てんてこ舞です。ハリスと針は別で買っておいたのですが、さすがに時間のロスが痛いです。ここだけは既製品つかうかな。

19時半から20時にかけてアタリが頻繁でした。久々のウナギの引き!かと思ったら、跳ねる・・・セイゴです。30センチぐらい、クサいので捨てます。次の竿は、あまり引かないなあ~と思ったらウナギ。リリースかな、50センチです。天然なので痩せてます。養殖のウナギ(新子)は40センチ程なのですが、ブクブクに太らせてあるんです。天然の50なんかだと、鰻丼2切れ程にしかなりません。結局持って帰ります。私のリリースサイズは50センチ以下です。3匹ほど釣れました。正味2時間ほどの釣果です。

2 件のコメント

    • 初めまして、まる八さん。土用の丑だからって訳ではないですが、ウナギ釣り始めました。7年ぶり位かな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ゴウ

    1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と息子とヨークシャテリアです。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。