印刷する 印刷する

ヒイカ釣り 今日の釣り場は、碧南ヨットポイントです イカは底に溜まっています

10月10日 碧南ヨットポイントでヒイカ釣りをしました。現地に着くと、人がまばらにいます。ここは発電機等の設備が無いと出来ない所です。有る程度の、技量を持った人達が集まってきます。毎年いるお父さんに声をかけました。「最近は、底でしかつれんから厄介だ」と言われてます。観察してると、ラインにシンカーを着けてやっているようです。ロッドは2本出して、一本は放置でエギをフォーリングしています。

私も、ヒイカエギングで二本ロッドを出したこと有るけどめんどくさいです(笑。振り出しの延べ竿なら、ラインを竿に巻いておけば次回にも準備が楽です。なので、ルアーのエギングロッドとエサの振り出し延べ竿でやり始めます。

日が暮れ始めた、17時から開始します。今日は、1人です。特に用事も無いのでのんびりできます。半田や知多半島と違い、自宅がある刈谷まで近いので、楽です。オマケに釣れると来たら、やるしかないです。勘違いしてる人多いですが、投光器で海面を照らせば、ヒイカなんてどこでも釣れるのです。


先ほどの、おとうさんの言う通りに、底でヒイカを釣ることにする。が、今日は潮が高くてエギの沈下スピードが遅いので、イライラする。お父さんのシンカー作戦を思いだし、ガン玉をリーダーに取り付け底を狙う。わずか、10秒ほどで底に着底します。あっさり一匹ゲット。

感触としてはイカは底にいて、しかもかなりの数いる模様。エギを底から上げて来るときに浮いてきたイカは、エサに気づいたのか延べ竿の方にかなりの数が流れて釣れてくれました。

17時までの釣果は30匹ほどです。20時以降は釣れない気がするので帰りました。家に帰って、お寿司にしてペロッと食べてみました。相変わらず旨いです。

2 件のコメント

    • 昌さん。ヒイカは沖釣りしてる人だと
      満足できないかも~。近場で15分で帰って
      これるのでしています。ぶっちゃけ釣るならウナギなんかが近場でコスパ高いです。しばらくやってなかったけど沖つりと共にウナギも復活します

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と犬です。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。