印刷する 印刷する

南知多片名港松新丸で太刀魚釣りしました

10月3日 仕事が休みになったので、前回あまり釣れなかったタチウオ釣りに再チャレンジに行くことにした。現在のタチウオはサイズ指2.5~3本がメインと小さく釣宿で買う2/0~3/0号の仕掛けは食い込みが悪いと考え食い込みが良い針を使用しようと1/0号のタチウオ針を準備して釣行した。

出船場所

愛知県南知多の釣船屋まつしんに到着して船に積み込む。平日ということもありお客は少なく10名ほどであった。私は左舷の胴の間に釣り座を構え出航となった。

タックル

  • ロッド:ダイワ製リーディングXA82
  • リール:ダイワ製ハイパータナコン400FBe
  • 道糸PE4号
  • 仕掛け:テンビン仕掛け
  • 錘:船内統一80号
  • エサ:サンマの切り身と釣ったタチウオの切り身

仕掛けはダイワ D-MAXタチウオスピード 針1/0号ハリス7号 長さ2m を使用しタコベイト赤色を使用した。エサは、冷凍イワシが支給されたが私は持参したサンマの切り身と釣ったタチウオの切り身でやることにした。釣り場は伊良湖沖まで行ったが海状況は波1m程と荒れてもいなく風も程ほどに有り釣りやすそうだ。まずはモーニングタイムで数を上げようと気合いがはいる。船長より「水深52m 40~30mでやってみてください」とアナウンスが入る。タチウオはその日によって誘い方で釣果に差がでるのだが私は微速と高速巻き上げと交互にやってみて、調子が良い方でやることにした。誘いは入れずに微速と高速巻きと交互にやっていると、早くも隣の釣り人が入れ食いモードになるが私はサッパリ。

私が1匹釣るまでに5匹はかけていただろうか。これはまずい・・・と思っているうちに、船は何度か移動を繰り返し、10時になっていた。私の釣果はこの時点で5匹ほど。完全にモーニングタイムを釣り逃した感があったが潮が緩んできた11時頃から怒濤の入れ食いタイムが始まった。活性が高くなってきたようで船長からのアナウンスも「上の方まで居ますので20mまで誘いあげてください」と変わってきた。アタリがあり合わせをすると見事にフッキング。D-MAXタチウオスピード 針1/0号は現在のタチウオのサイズにマッチしているようで見事に口の中に掛かっていた。

孫針は使用していなく、仕掛けとしてシンプルで非常に使いやすいという印象であった。アタリが有る棚は25~30mと、朝と変わってかなり上の棚でアタリがあるようになってきた。このころになると高速巻き上げ&誘いでテンポ良くガンガン掛けていく。

隣の釣り人が「朝はイワシが調子よかったけど、いまは切り身が良いみたいだね」と言われた。潮が早い時間は、イワシの食いが良く緩い時間は切り身という仮説が成り立つ様に思えるが次回検証してみようと思う。この日の私の釣果は、タチウオ22匹と前回のタチウオ貧果の雪辱を果たす事ができた。

まだサイズは小さいが今後はサイズアップも見込まれる。また、工夫を重ね釣果に結びつけるようにし釣行したい。

釣果

利用した釣り船

所在地: 〒470-3502 愛知県知多郡南知多町片名字新師崎16−7
松新丸:0569-63-1173

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と犬です。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。