印刷する 印刷する

親アオリイカ釣り 伊勢湾のガイド船【2021年6月14日釣行記】

2021年6月14日、伊勢湾側で営業しているガイド船に、釣り仲間と出かけた。あいにくの雨で、出船前に、1人帰ろうかと思ったが他のメンバーはやる気満々。船長に挨拶して、出航します。この日は、親アオリアオリ一本狙いで釣りに出かけた。他の装備は、みんな置いてきたので身軽です。まずは、オレンジの3.5号パタパタで様子を見ます。

親アオリ狙いなので、シャロ―エリアのアマモを探してキャストしていきます。よくアマモが引っかかって来るので船長は、アマモエリアを把握して場所に連れて行ってくれている様だ。

最初に釣ったのは、ダイスケさん。そんなにデカくないけど、1kg有るか無いか位のサイズ。早朝の方が釣果が伸びるかと思ったが、そうでも無く、探して拾ってアオリイカを釣っていく。そんな中、タキさんが最大サイズのアオリを掛ける。本人は「根掛かり」と言っているが、船中誰もが「ティップが動いてるし根掛かりでは無い」と思っていたと思う。ビギナーズラックで、この日最大の獲物(重量2.64kg)をゲットしてしまった。

私はというと、なんだかんだで4杯ゲット。キャストのイカ釣りに慣れているので、ラインテンション掛けずに海面にラインを這わし、フリーホールで落とし込んでいく。アタリは、派手に出ることはなく、ロッドを煽るときの違和感のみです。根掛かりは無いので、派手に合わせてやりました。使った(結果的に釣れた)エギは、パタパタ3.5号、乱舞V3ラトル3.5号でした。

船中10杯で、春イカとしては上々の出来でした。今年は、タコが不調の様なので、8月まではイカで遊ぼうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゴウ

1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と息子とヨークシャテリアです。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。