印刷する 印刷する

セントレア沖 マゴチ&ヒラメ狙い 春になり上向き?【2020年3月23日釣行記】

3月22日 常滑 あらい丸にて、セントレア周辺でマゴチヒラメ狙いで出船しました。この日は、いつものレギュラーメンバーに加えて、新メンバーが3名来ました(船に乗ってくれる方は、ジモティ―掲示板で募集しています)。レクチャーが必要かなと思いましたが、簡単な説明だけで、あとは放置です(笑。が、、、この後、ビギナーズラックが凄いことに・・・。

メンバーは、ミヨシからバシさん、コウさん、ハラちゃん、ゴウ、ダイスケさん、タキさん、テルイさんの計7名です。7名は船の定員MAXですが、さすがにキツイですね。私はエンジンルームの隣で、こっそり釣りをすることにします。今年に入り船舶免許を習得した、ダイスケさんにあらい丸の運転をお任せして、ポイントへ。船がデカいので、反応が鈍く戸惑ったと思います。

まずはセントレア西テトラへ。テトラから20m程沖を攻めてみます。ベイトは魚探には映らないので、ゴカイ類や甲殻類と予想しますが、なるべくテトラから離さない距離で攻め続けます。最近は、釣れると判ってるのでジグヘッド+ソフトルアー以外でも攻め方を探っています。バシさんやコウさんは、ルアーローティションにワーム以外にタイラバも加えています。そういう私も、メタルジグとシンキングペンシルでも探ってみるようになりました。

ファーストヒットは、朝の時合に訪れました。レギュラーサイズの50cmオーバーです。初挑戦のタキさん・テルイさんもマゴチを釣って、船長としてはホッとしました。が、その後に移動した先でタキさんは、ヒラメ55cmを釣り上げる快挙に。これはメモリアル・フィッシュになったんではないでしょうか。時々釣ってるのを見てましたが、信じて投げ続けるルアーって大事だと思いますね。愚直に「このルアーで釣る」というか、教えてもらった「これでしかやり方知らない」だったかもだけどね。そのうち欲が出てきて、もっと釣れるルアーって無いかなに変わったら完全に釣りにはまってますね(笑。

さて、エンジンルームの横で細々と釣りしてた私はというと・・・。一投目に投げたシンキングペンシル(鮃狂(フラットジャンキー)サーフブレイカー 95S)で釣りました。底を取ってからリトリーブ5回転で着底まで放置でした(ストップ&ゴー)。使ってるロッドは、エメダルダス76M・Vですが、ショートロッドなので軽くて、底どりはし易いです。

全体の釣果はマゴチ11匹にヒラメ1匹にボラ1匹でした。ハイシーズンでは無いですが、これだけ釣れるのは、良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゴウ

1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と息子とヨークシャテリアです。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。