印刷する 印刷する

タコを釣りに新舞子沖 タコ釣りロッドはカワハギロッドで決まり【2020年7月5日釣行記】

ボート釣りマップ

義父が普段お世話になっている方達を招待し、タコ釣りにいってきました。メンバーは、北龍のママさん、中華そばのいのうえの井上さん、自営業の藤野さんです。梅雨の合間の釣行であったが、どうにか雨は降らずに快適に釣りが出来そうだ。

メンバー中、二人はロクに釣りをやったことが無いそうだ。北龍のママは義父が、いのうえさんは私が手ほどきをすることになった。初心者の二人は「タコの寄りが良い」という理由でカニを付けたカニテンヤでやってみることになった。新舞子沖は相変わらず、タコが釣れるので、初心者でも楽に釣ることができるであろう。私も釣りを開始して、順調にタコを掛けていく。最近はタックルの選定がほぼ決まってきた。ロッドはDAIWA:極鋭 と リールはDAIWA:スパルタン MX IC です。このタックルセットは、伊勢湾のカワハギ&フグ釣りで使われます。極鋭は沖釣りロッドなんですが、ルアーロッドとの違いは、全長が短くティップが金属なので手元に伝わる感度が良いことです。オモリ負荷も30~80号程と、なっておりタコ用としても使えます。

初心者の二人は、水面バラシ多発。悔しそうだけど楽しそうだ。いのうえさんは、ロッドが破損するトラブルにみまわれる。チョイ投げロッドにテンヤを付けていましたから当然というえば当然です。私のロッドを貸すことになりました。私のロッドは、釣りのバランスが取れているので、ロッドを受け取ったいのうえさんは、人が変わった様に、タコを掛けていきます。

今回は、初心者でもアタリが取れて掛けていけるセッティングを見いだせて、私も参考になりました。釣果は船中100匹以上でした。今年の梅雨はまとまった雨が降るようで、釣りに行くことが控えることになると思います。特にタコは水潮を嫌うので
晴れが続いた日を待って、再開しようとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゴウ

1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と息子とヨークシャテリアです。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。