印刷する 印刷する

連休中のあらい丸セントレア沖の釣行記です。【2020年5月19日釣行記】





連休中の5月3日は12時間釣行をやってみました。時間が有るので、出光の温排水へ行きました。周りの水温が14℃に対して、このエリアは22℃です。メッキ狙いで、ミノーを投入するも、なかなかバイトしない・・・。メタルジグでやっていたメンバーにタチウオがヒット。指2.5~3本位です。4匹しか釣れませんでした。ただ、ベイトがウヨウヨいて、何かが釣れそうな雰囲気は有った!。次回は早朝の早い時間帯に来ようと決めて、セントレアに戻ります。セントレア西側は、相変わらずマゴチが釣れなくなった。夕方まで悶々としていたが、夕マヅメを迎えると、プチラッシュが連続!。60cmのヒラメをタキさんが釣ったのをはじめ、バシさんが大型タコ、みんなでマゴチ6連発で、なんとか形にして戻りました。



まだまだ連休中の5月6日。11連休もあれば釣り行くよね?!(笑)。遊漁船とは違ってプライベート船なので、気の知れた仲間と出港です。内容はあんまり覚えていません・・・(苦笑。久々にメンバーの、あつしさんに会った。結構な雨が降っていても、みんな真剣に釣りしてる。メンバーの集中力スゴイ。あらい丸の釣果は、いつもメンバーの釣りの腕に助けられております(汗。船長のワタクシは、心が折れてキャビンの中でした。だがしかし!、3日にプチラッシュがあったポイントを攻めたとき、丁寧にボトムを取ってストップ&ゴーしていたんです。で、抑え込むような違和感が・・・。50cm越えのヒラメでした。今季初のワタクシのヒラメの釣果です。ヒットルアーは、DAIWAのSAMURAI SHORE RUBBER FREE/サムライ ショアラバフリー30gでした。ヒラメを地元の居酒屋「魚楽」に持ち込み、大将に調理してもらった。あらい丸の生け簀から水槽に入れてお店に持ち込んだので、大将がとても喜んでくれた。次回も、活けで持って行こう。



5月17日、セントレア周りに生えてる、アカモクが意外に美味しいことに気づいて、アカモク取りも目的の一つに釣行。久々に、フィッシングアドバイザーのびんさんが来た。朝も早くから、マゴチ狙いで、ジグを投げ込むもほとんど当たらない。水面をみると、バシャバシャと跳ねる魚が・・・。ルアーを通すとコノシロが引っ掛かっていました。みんなで、ルアー投げて引っかけてみるも、あまり効果なし。次回は鮎の掛け針持って来よう。オマツリした仕掛けを、解こうと四苦八苦してる間に、ゆーじさんのルアーにシーバスがヒットするハプニングが有った。ベイトの小魚がいっぱい居るので、フィッシュイーターな魚が多くなってきました。最後に鉄板ポイントの灯標で、マゴチ4とクロソイを釣り上げるも、なんだかな~。コノシロが無かったら惨敗な釣果でした。水温は18℃越えしています。びんさんの知り合いの船が途中で合流したときに、釣ったデカい親アオリイカを見せてくれた。次回からは、アオリもターゲットに入れてみましょうかね。アカモクはデカくなりすぎていて、食感が悪く美味しくなかったです(汗。若いときに採りましょう。

使用したタックル
ロッド:エメラルダス76M・V
リール:フリームスLT2000S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゴウ

1974年愛知県豊田生まれ刈谷市在住です。 仕事は地元のトヨタ関連企業に勤めています。 家族構成は、嫁と息子とヨークシャテリアです。 趣味は、釣りと料理と家庭菜園です。 私の書いた記事が読者の皆様の参考になればいいなと思います。 宜しくお願いします。